無駄吠えがはじまったら大きな音を出してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャイムが鳴った時や来客があった時、興奮して吠え出すワンちゃんは多いです。

なんとかやめさせたい無駄吠え、飼い犬の吠え出すパターンがわかっているのなら、吠え出した瞬間に大きな音を出すと効果的です。

・・大きな音ってたとえば?

そうですね、思いっきり手を叩いてみたり、支障がないなら壁をどんと叩いてみても良いでしょう。 とにかく、犬の気をはっとそらせるような大きくて変わった音が出せるものを使用してください。

その時、飼い主さんがやっていると思わせないように音を鳴らすのがポイントです。


手軽な無駄吠え防止策にカスタネット

一般的には、無駄吠えがはじまった瞬間にカスタネットを利用される方が多いです。
確かに、耳に響く大きな音が出ますよね。手をたたいたり壁をたたくよりも数倍手軽で良いです。

子供さんのいるお家などだとカスタネットは普通にありそうですが、 なくてもカスタネットは安いものですので、気軽に買えます。

カスタネット以外でも、 ペットボトルや空き缶に幾つかの石を入れてガラガラなるようなアイテムをつかうのもおすすめ。 結構大きな音が鳴ります。

犬は2つの事に同時に気を留めておくことができないため、 大きな音に気を取られ、吠える事を一瞬ですが忘れるはずです。

お金をかけず、家や庭にあるもので簡単に作れますし、たとえ犬の無駄吠え防止に効かなかったとしても惜しくありません。


吠えるのをやめた時がほめるチャンス

カスタネットや缶を使用し、犬が吠えるのを一瞬阻止できたとしても、 原因が残っているのなら再び犬は吠えはじめます。

なので、犬が吠えるのをやめた瞬間がほめるチャンスです。

すぐに吠え出してしまった場合はもう一度、大きな音を出してみましょう。
大きな音を出すのは1~2回であり、効果がなくなるので何度もしつこく慣らしてはいけません。

音に驚いて吠えるのをやめたら、すかさずほめてあげてください。
以後も同じようにずっとこの方法を続けます。


吠えたら大きな音、吠えるのをやめたら褒める

吠え癖がついている犬の場合、無駄吠えがすぐになおる事はありません。
ですので、カスタネット等の大きな音を利用して一時的に吠えるのを防止できても、また特定の場面で吠えはじめることと思います。

何度も根気よく、吠えたら大きな音、吠えるのをやめたら褒めるを繰り返してください。

犬は音に敏感なため、大きな音を嫌う傾向があります。
ですので犬にとってはカスタネットの音は嫌いな音であり、 上記のパターンを続けているうちに「吠えると嫌いな音が鳴る」「吠えずにいると褒めてもらえる」と犬が理解し始め、 だんだんと無駄吠えをしなくなっていくはずです。

ちなみに、この時に利用したカスタネットなどの音は、 犬にとっては「悪い事をした時になる音」としてインプットされるため、今後もずっと犬のしつけに利用する事ができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



効果が高いといわれる無駄吠え防止首輪。
しかし、無駄吠え防止首輪と一口に言っても様々なタイプが存在します。

上記ページでは、おすすめできる製品とおすすめできない製品について詳しく解説するとともに、おすすめの製品をご紹介しています。


関連記事


Copyright © 2016 - 犬の無駄吠えやめさせ隊. All Rights Reserved.  (サイト概要