ハスキー犬の無駄吠えのへのクレームがポストに 室内犬にすることで解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家は飼い犬のトラブルで、隣の家と揉めたことが何度かあります。
今まで我が家は2匹の犬を飼っていたのですが、最初の犬がシベリアン・ハスキー犬でした。

ハスキー犬というのは吠えるんです。

特に他人に対しては警戒心を強く持つらしく、知らない人に対して吠える事があります。 知らない人がそばを通ったり、見えたりすると夜中でも躊躇なく吠えていたため、外の檻の中でワンワン吠えることがありました。

昼間ならまだしも、夜になると吠えるというのはご近所さんに迷惑なので、出来る限り家の中に入れていました。



ある日ポストに犬へのクレームの手紙が・・

ある日、家の郵便ポストに手紙が入っていました。
それはお隣からのものでした。

その手紙を読んでみると、「毎日、犬の鳴き声がうるさくて眠れません。鳴き声が響いてきます。なんとかしてください」という文面が書かれており、 家族全員でどうしようという気持ちになりました。

我が家ではハスキー犬を防犯のためにもなると思って飼っており、知らない人が来るとすぐ吠えていたため、 これは泥棒よけになると喜んでいたところなのです。

それが騒音問題として隣と揉めることになるとは思いませんでした。

このことがあってから、我が家では一つの結論を出しました。
それは、ハスキー犬を室内犬にして飼うことです。

幸い、家には離れがあり、そこではいくら吠えても隣に聞こえない位置だったため、夜、寝る時にはその離れで親と一緒に犬は寝ることになりました。

誰か来て吠えても家の中ですし、それなら大丈夫だろうということで、本当はハスキー犬は外犬なんですが、その日を境に室内犬にしました。



ご近所のトラブルは誠実な対応が大切

ただし、それ以来、隣とはなんだか微妙な距離感になってしまいました。
ただでさえ近所で一軒家同士なのに、こういったことがあると、ちょっとしたことでも気まずくなってしまうんです。

しかし、ここで関係が壊れると後々響くと思った私は、 隣の家と顔が合ったとき、「犬、家に入れましたので。本当にご迷惑をおかけしました」と謝りました。

そうすると、隣の家の方もわかってくれたようで、それほど非難するつもりはなかったんだけれども、どうしても気になったので…ということでした。

「これからも、気になったことがあったら言ってください」と言ったおかげで、それほど関係は壊れずに済みました。

犬の吠える声に限ったことではありませんが、 ご近所トラブルは初期対応を間違うと、後々、気まずくなってしまうという典型的な例でした。

犬の吠え声にクレームがきても、自分がうるさいと感じていなければ深く考えない人もいるかと思いますが、 早めの対処が大切だと感じました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



効果が高いといわれる無駄吠え防止首輪。
しかし、無駄吠え防止首輪と一口に言っても様々なタイプが存在します。

上記ページでは、おすすめできる製品とおすすめできない製品について詳しく解説するとともに、おすすめの製品をご紹介しています。


関連記事


Copyright © 2016 - 犬の無駄吠えやめさせ隊. All Rights Reserved.  (サイト概要