無駄吠えしてもむやみに叱らない 叱り慣れさせない叱り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無駄吠えをやめさせようと、犬を叱る飼い主さんもいると思います。

単純にうるさいという理由で腹が立って叱る場合もあるでしょうし、周りに人がいるような場面だと世間体を気にして叱る場合もあるでしょう。

確かに、しょっちゅう吠えられると飼い主さんだって疲れますし、腹が立ちますので叱りたくなる気持ちはわかります。

しかし、叱っていう事を聞く犬ってどれくらいいるのでしょうか。
そのようにしつけられていれば、飼い主さんの声で吠えるのをやめる犬はいますが、 間違った叱り方だという事を聞いてくれないばかりか、余計に行動を悪化させてしまうことも。

ちゃんということを聞いてくれるようになる叱り方はあるのでしょうか?
もしあるとしたら、一体どのように叱れば良いのでしょう?



吠えるのには理由がある

まず、犬が吠えたりするのには理由があります。
当サイトではあえて、犬の吠える声を無駄吠えと呼んでいますが、実は犬にとって吠えるという行動は無駄なことではなく、何らかの意味があります。

例えば不安や警戒によって吠えたり、自分の要求を通したいがために吠えてみたり、 病気や怪我などが原因で吠えたりもするでしょう。

言葉がわからないため、てっとり早く何かを伝えたりコミュニケーションを取るためには吠えるしかないのです。

そうして何かを飼い主さんに伝えようとしているのに、「うるさい!」とか「こら、静かに!」なんて頭ごなしに叱られたら、 どうしたらいいの?ってなりますよね。

ですのでむやみに叱ったとしても、あまり効果はないでしょう。
場合によっては余計に吠えるようになるかも知れません。

犬が吠えた時に叱る場合はやみくもに叱るのではなく、なぜ吠えているのかを理解したうえで、 必要な時だけ簡潔に叱るようにします。

その際、吠えるのではなくどうすればよいのか、というところまで教えてあげることが大事です。

ですが言葉が通じない同士ですから、簡単にはいかないでしょう。
特に、関係がすでに出来てしまっている場合には時間がかかると思います。



ここぞという時に叱るから効果がある

基本的に、飼い犬をしょっちゅう叱ることはしない方が良いです。
いつもいつも叱ってばかりいたとしたら、「また怒鳴ってるなぁ」なんて犬の方も叱られ慣れしてしまいます。

たまに大きな声や怖い声を出すからこそ、効果があるのです。

ですので普段はあくまでも穏やかにし、 もし吠えてはいけない場面で犬が吠えたら、「ダメ!」「こら!」と低めのトーンで強く叱りましょう。

飼い主さんの様子がいつもと違うぞ、と驚かせるくらいが効果的です。
腹が立ってもしつこく叱ったり、感情的に怒鳴ってはいけません。

ただし犬にも性格があり 、内気な子や怖がりな子を強く叱り過ぎるとおびえさせてしまい、 飼い主さんに懐かなくなるかもしれませんので、飼い犬の性格によって叱り方の調整は必要です。



吠えたらその場ですぐに叱る

もし犬が吠えたら、時間をおかずにその場でバシッと叱ってください。
逆にほめる場合も、褒める行動をしてから5秒以内には褒めるようにしましょう。

時間がたってしまうと、何で叱られたのか、また何で褒められたのかが犬には理解できなくなります。 犬を混乱させてしまうのはしつけをする上ではとても良くない事ですので、注意するようにしてください。

なお、上の項で「ここぞという時に叱るから効果がある」と言いましたが、 犬に吠えてはいけない、○○してはいけないという物事を教える時には、「してはいけないことをするたびに低めのトーンで強めに叱る」を徹底します。

吠えるたびに叱るというのは矛盾しているように思えますが、あくまでもバシッと簡潔に叱るのみで、 「したらダメっていたでしょう!?」なんてダラダラとしつこくは叱りません。

ここぞという時に叱るというのは、 叱ったり、叱らなかったりというあいまいな行動ではなく、メリハリをつけて叱る事を意味します。



叱るだけじゃなくて、吠え止んだら褒めてあげよう

無駄吠えしようとした犬を叱ったあと、吠えるのをやめたらそのまま放置していませんか?

犬の性格にもよりますが、叱るだけではなく褒めることもしてあげてください。
タイミングによっては難しいかもしれませんが、吠えるのをやめておとなしくなったらすぐに褒めるようにします。

叱る時にはバシッと叱る、褒める時には最大限褒めるようにすることで、 何がダメで何が良いのか犬にも理解しやすくなるでしょう。



叱り慣れさせない叱り方  まとめ

・犬が吠える理由を理解したうえで叱る
・叱るときは低めのトーンでバシッと簡潔に叱る
・吠えたらその場ですぐに叱ること
・叱った後、正しい行動を取ったら褒める
基本、吠えて欲しくない時に吠えたらその場で叱らなくてはなりませんが、 怪我や病気の辛さを訴えるために吠えることもあります。

その場合にはまず原因を取り除いてあげるようにしましょう。

あと途中にも書きましたが、犬の性格によっては叱ることで怯えさせてしまう可能性もありますので、 そのあたりは飼い犬の性格にあわせ、臨機応変に対応してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



効果が高いといわれる無駄吠え防止首輪。
しかし、無駄吠え防止首輪と一口に言っても様々なタイプが存在します。

上記ページでは、おすすめできる製品とおすすめできない製品について詳しく解説するとともに、おすすめの製品をご紹介しています。


関連記事


Copyright © 2016 - 犬の無駄吠えやめさせ隊. All Rights Reserved.  (サイト概要